2011-05-29

王の寄せ方。その2

前回、「王の寄せ方その1」では、簡単な必死の局面を例題にしました。敵王が詰まない時は王手をせずに必死を掛けるのが正解で、王手を掛けるのは、「王手は追う手」で失敗に終わりました。



失敗図の共通点は全て「王を上に逃がす王手」になっており、これだけは指してほしくない王手です。王手が悪い理由は、①無暗な王手は相手の都合の良い所(上部)へ逃げられやすい。②王手を掛けた駒(特に持駒の場合)の浪費につながる。などですが、「王を上に逃がす王手」は①と②の両方あてはまる場合が多いからです。

それと駒の性能上、寄せは上から追い込むことが理にかなっています。これは駒の動きを考えてもらえば分かりやすいと思います。王は1マスづつならどこへでも動けますが、子駒(金・銀・桂・香・歩)はどうでしょう。どの子駒も前には動けますが、後ろへは動けなかったり、動けても制約があります。























A図の後手王は受けなしですが、B図の後手王は次に「詰めろ」すら掛からず全く寄せがありません。

極端な例ですが、「王を上に逃がす王手」はB図に近づくと思ってください。

一方、「寄せ」で良い王手もあります。それはA図に近づく王手です。










C図は▲4三金と上から押さえます。以下△3一王▲2三桂成で受けなしです。

D図は▲2一角成で△同王の一手となり王を下段に落とします。そこで▲2三歩成で受けなしです。このように上から押さえる王手や下段に落とす王手は良い場合が多いです。

または、端に追い詰める王手も良いでしょう。

その他に王手が良い場合で、「王手飛車取り」などで、王は逃がすが重要な駒が取れるという場合もありますが、王の寄せとしては例外です。

寄せの基本ですので、王手を掛ける時は注意してみてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿